医療訴訟が止まらない

病院がどうしても回避したいのは、患者や遺族から訴えられる医療です。
医師が完璧でない人間で失敗はやむを得ないと主張しても、ヒステリックを起こした患者や遺族は怒りを静めてくれません。
真摯に謝罪をすれば、許す人もいます。
しかし、決して許さないという意固地になる人もいますから、医療ミスをした時の訴訟は医師も覚悟をしています。

救えた命を死なせてしまった場合は、病院が訴えられるという事例が増えています。
それを裏付ける根拠が、平成初期の医療訴訟件数のデータから確認できます。
まず、平成7年度から平成16年度の新受事件(被害者から新たに訴えられた事件)の件数は、484、575と続いて平成16年には1110とかなり多い数値を記録しています。
この数年後は若干減少傾向に推移しますが、平成16年度の1110件がほぼマックスに近づいた年であったと指摘されています。

次に、既済事件(判決が出た事件)についての件数を挙げていくと、順番に、426、500、527と続いて1004となります。
新受事件に近い件数で、年々増加しているのがわかります。
裁判が終わっても、次の医療訴訟が勃発しており、この数は一向に収まらないという分析がなされています。
医療訴訟は開始から終結までの期間が長い傾向にあり、平均で27ヶ月という数字が発表されています。
医療訴訟の件数は、他の訴訟よりも軒並み多くなっており、被害者からすれば絶対に許せないという気持ちが大きく荷担して、泥沼化することがよくあります。


[特選サイト]
B型肝炎の医療訴訟について弁護士へ相談出来るサイトです...B型肝炎 訴訟

Copyright © 2014 医療訴訟は弁護士へ相談を All Rights Reserved.